本文へ移動

沿革

昭和14年
(1939)
 関吉(初代)が会瀬上町(現在の会瀬町一丁目)にて関鉄工所を創業
 株式会社日立製作所日立工場(現在の日立事業所)の部品機械加工、続いて大電工(現在の電機製造部)の
 部品機械加工
昭和17〜19年
(1942〜1944)
 日立製作所高萩工場ガスタービンの部品機械加工
昭和25年
(1950)
 日立工場工具課ネジ係と取引き開始。以後、ネジ部品の専門工場となる
昭和43年
(1968)
 株式会社関鉄工所と社名を改める
 資本金300万円
昭和51年
(1976)
 NC旋盤を導入
昭和52年
(1977)
 日立工場(原子力製造部、海岸製造部、生産技術部)、水戸工場等の部品を手掛け、業務内容と取引先が
 多様化
 資本金500万円
昭和53年
(1978)
 事務所新築(20坪)
昭和55年
(1980)
 工場増築(125坪)、工場延べ面積235坪
昭和58年
(1983)
 関勝利が代表取締役に就任(二代目)
昭和61年
(1986)
 資本金800万円
昭和62年
(1987)
 資本金1000万円
昭和63年
(1988)
 マシニングセンタ、NC旋盤、三次元測定器等設備の充実
 資本金1200万円
平成元年
(1989)
 ワイヤー放電加工機、細穴加工機を導入し新分野に進出
 創立50周年記念式典を行う
 資本金1500万円
平成2年
(1990)
 株式会社マイステックと社名を改める
 資本金1800万円
平成3年
(1991)
 資本金2000万円
平成14年
(2002)
 工場増築(40坪)
 事務所新築(122.5坪)
平成19年
(2007)
 工場増築(85坪)、工場延べ面積328坪(1083㎡)
平成20年
(2008)
 KES(簡易型環境ISO)ステップ2を取得
平成24年
(2012)
 隣接敷地を取得(約400坪)
 測定用恒温室の完備
平成27年
(2015)
 第二工場新築(約100坪)
平成29年
(2017)
 石川美菜子が常務取締役に就任
平成31年
(2019)
 創立80周年
TOPへ戻る